2017年11月16日木曜日

(12/15)第6回 名古屋パワエレ塾開催予定!


12月15日に第6回目となる名古屋パワエレ塾を開催致します。
(日程が何度も変更になってしまい、申し訳ございません)

日時は下記の通りです。

日時:12月15日(金)18:00〜20:00
場所:名古屋大学 NIC棟 3階 大会議室

今回は、IEEE ECCE 2017と、EPE 2017における、今後重要となるパワーエレクトロニクス技術の最前線情報を、私の目でピックアップして紹介致します。

今回は展示会にも力を入れますので、ブース展示にご興味がある企業様は、是非、ご一報下さいませ。
机やポスタースタンド等、事前に準備致します。
また、カフェ会場では、昇圧チョッパの基本の続き(あったのか?)を隅でやるかも知れません。

クリスマスのお祭り状態でいきたいと思います。
年忘れに美味しいコーヒーと共に、是非、ご参加下さいませ!


今日の写真は、本研究室ドクター1年であり、大学発ベンチャー「ナチュラニクス」社長の金澤が極真空手の道場に体験入門した様子です。



名古屋中央支部のサイトにも、彼の稽古での奮闘の様子が紹介されています。

健康のため、次回から入門するとのことです。
これから、一緒に思い切り殴り合っていきましょう!

・・・健康のため?(笑)


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 11月22日:「An Mathematical Analysis of False Turn-On Phenomenon of GaN HEMT」、IEEE CPMT Symposium Japan (ICSJ)主催
    ※IEEE CPMT Symposium Japanでの招待講演です。朝のセッションにてプレゼン予定です。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/11/1122ieee-cpmt-symposium-japan.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


(11/22)IEEE CPMT Symposium Japanにて招待講演!


11月22日にIEEE CPMT Symposium Japan (ICSJ)にて招待講演をさせて頂きます。
講演題目は「An Mathematical Analysis of False Turn-On Phenomenon of GaN HEMT」です。
22日の朝のセッションで発表です。
プログラム等の詳細は下記に記載されています。

http://www.ieee-csj.org/adv_program_ICSJ2017.html

パッケージを専門とした国際会議です。
マニアックですが濃い議論ができることを楽しみにしています。
是非、ご参加下さいませ!


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。



パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年11月12日日曜日

(11/18)パワエレ学会主催専門講習会にて講演予定!


11月18日に第32回 パワーエレクトロニクス学会主催 専門講習会にて講演をさせて頂きます。
講演題目は「ハイブリッド車(HEV)・電気自動車(EV)における最新パワエレ技術とその将来動向」です。
プログラム等の詳細は下記に記載されています。

http://www.jipe.org/katsudo_2017/senmon32.htm

今回の専門講習会のテーマが「ワイヤレス給電の最新動向-基礎から応用まで-」ですので、自動車に関するワイヤレス給電の話題をお届け致します。
是非、ご参加下さいませ!


今日の写真は、電子情報通信学会の研究会での講演で、熱海に行った時の海。





絶景。

一瞬だけ、慌ただしい日常を忘れることができました。

・・・一瞬だけ。(笑)


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 11月14日:「車載用バッテリー充電器(OBC)の最新技術動向とSiC/GaNパワー半導体の応用事例」、S&T出版様主催
    ※OBCからワイヤレス給電の最前線までお話していきます。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/11/1114.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年11月6日月曜日

連絡事項他


2点、連絡事項です。

【本ブログについて】
このブログは、今後も基本的な連絡や報告等の内容は変わりませんが、今後は名古屋大学パワエレ研究室の公式なブログではなく、私の個人的なブログとする予定です。
大学研究室の公式ブログとしては、内容にきわどい(?)点も多く、大学関係者の皆様にご迷惑、ご心配をお掛けしていることもあり、上記の判断としました。
大学研究室のブログではなく、「とある大学教員のブログ」として、記載内容はそのままに、継続して参ります。
要は、大学名を語らず、個人的なブログとして、責任は私に帰結する形としてリスタートします。
今はちょっと忙しいので、年末を目処に、変更していきます。
大学関係者の皆様、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

【名古屋パワエレ塾について】
12月1日(金)としていましたが、12月8日(金)となる可能性も出てきました。
また追ってこのブログにて連絡致します。


今日の写真は、先日、娘の幼稚園の運動会での父兄対抗リレーに強引に出さされたときの、準備運動している様子。



アンカーで赤いタスキを掛けさせられています。
ドレスシャツにスラックス、ドレスシューズでサングラスをかけて幼稚園の運動場を走らされ、それを見た周りの子供の応援に来られていたご家族の皆様がドン引きされていました。(笑)

と、まぁ、こういうくだけた内容も記載できるので、個人ブログ化も良いかな、と前向きに考えています。

・・・あ、まだ、公式ブログのままだった。(笑)


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 11月10日:「次世代自動車の電動化における最新EMC対策技術とそれらに対する欧州と日本の自動車関連メーカの戦略の違い」、電子情報通信学会 環境電磁工学研究専門委員会様主催
    ※車載用電力変換器のノイズ問題とその解決法について紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/10/emc.html

  2. 11月14日:「車載用バッテリー充電器(OBC)の最新技術動向とSiC/GaNパワー半導体の応用事例」、S&T出版様主催
    ※OBCからワイヤレス給電の最前線までお話していきます。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/11/1114.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年11月3日金曜日

(11/14)名古屋開催!車載用充電器に関するセミナー開催予定!


11月14日にS&T出版様の主催の車載用バッテリー充電器に関するセミナーで、講演をさせて頂きます。
講演題目は「車載用バッテリー充電器(OBC)の最新技術動向とSiC/GaNパワー半導体の応用事例」です。
プログラム等の詳細は下記に記載されています。

https://stbook-s.com/seminar/st171114

今後劇的に増えていくPHEV(プラグイン・ハイブリッド車)に必ず搭載されるバッテリー充電器に対する要求と、外部給電の新しい手法であるワイヤレス給電の最前線について紹介していきます。
また、パワーエレクトロニクス分野では最高峰の国際会議であるIEEE ECCE 2017におけるOBCとワイヤレス給電に関するレポートも紹介していきます。

何より、皆様にとってはどうか分かりませんが、私にとっては誠に有難い名古屋開催です。(笑)
是非、ご参加下さいませ!


今日の写真。
先に紹介したIEEE ECCE 2017に参加した学生の中の、修士学生達です。



修士2年が1名、残りはまだ修士1年です。
彼等は私の移籍に際し、島根大学に残りましたが、今でも研究関係で名古屋大学をサポートしてくれています。
何よりも、今の名大パワエレ研があるのは、彼等を含めた島根大学メンバーのお陰です。
そして、教員も居ない状況で独自に研究を遂行しており、独自に各国際会議を渡り歩き、百戦錬磨状態になっています。

名古屋大学のドクターコースへ勧誘していますが、これだけの実力者に育ったので、皆、簡単に良いところへサクッと就職してしまいそうな雰囲気。

・・・皆さん、学会等で彼等を見かけたら、ドクターコースへの勧誘をよろしくお願いします!(笑)


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 11月10日:「次世代自動車の電動化における最新EMC対策技術とそれらに対する欧州と日本の自動車関連メーカの戦略の違い」、電子情報通信学会 環境電磁工学研究専門委員会様主催
    ※車載用電力変換器のノイズ問題とその解決法について紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/10/emc.html

  2. 11月14日:「車載用バッテリー充電器(OBC)の最新技術動向とSiC/GaNパワー半導体の応用事例」、S&T出版様主催
    ※OBCからワイヤレス給電の最前線までお話していきます。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/11/1114.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年10月27日金曜日

電子情報通信学会・EMCワークショップにて招待講演予定!


11月10日に電子情報通信学会 環境電磁工学研究専門委員会様の主催の電気・電子機器のEMCワークショップで、講演をさせて頂きます。
講演題目は「次世代自動車の電動化における最新EMC対策技術とそれらに対する欧州と日本の自動車関連メーカの戦略の違い」です。
プログラム等の詳細は下記に記載されています。

http://www.ieice.org/cs/emcj/jpn/non-regular/ws_index.html

今回は、車載用電力変換器におけるノイズ問題に焦点を当ててお話致します。
特にSiCやGaNといった次世代パワー半導体の時代を迎えると、ある周波数帯域でのノイズが大きくなってきます。
そういった問題点のクローズアップと、その解決法について紹介していきます。
お楽しみに!


今日の写真。
先日、学生がINTELEC 2017へ参加しましたが、その時、彼等が滞在したホテルの様子が送られてきたので、ここで紹介します。







ちくしょう、ちくしょう、ちくしょう!
こっちは、同じ仕事の出張でも、へんな金魚しか見てないのに!(笑)

・・・でも、いつも頑張っている学生達が楽しそうだったので、良しとします。


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 10月31日:「車載用バッテリー充電器の最新技術動向と次世代パワー半導体(SiC/GaN)の適用可能性」、トリケップス様主催
    ※話題となっているプラグイン・ハイブリッド車のコア技術であるバッテリー充電器の仕組みと技術動向を紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/09/1031.html

  2. 11月10日:「次世代自動車の電動化における最新EMC対策技術とそれらに対する欧州と日本の自動車関連メーカの戦略の違い」、電子情報通信学会 環境電磁工学研究専門委員会様主催
    ※車載用電力変換器のノイズ問題とその解決法について紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/10/emc.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓


2017年10月21日土曜日

第五回・名古屋パワエレ塾開催!


10月20日には第五回名古屋パワエレ塾を開催しました。

今回のご参加人数は、過去最高の40名以上!
毎回、どんどん増えております。

今回は大会議室が予約できなかったこともあり、いきなりケータリング会場にて講義&パワエレカフェを開催。





いつもより、議論が白熱していました。
今後は従来の講義形式より、こういったスタイルの方が良いかも知れません。

今回は、本研究室のドクター学生や研究員のポスターセッションも用意しました。





最後に、今回のパワエレ塾の準備からお客様対応までお手伝い頂いた研究室メンバーの集合写真でお別れです。



研究室メンバーの皆さん、いつもサポート頂き本当にありがとうございます!
この場をお借りして御礼申し上げます。

参加者の方々同士のビジネスの繋がりもできてきた様子で、そのことが本当に嬉しいです。
是非、そういった場所を利用して、皆様のお仕事に活かして頂ければと思います。
そのことが必ず、産業界の発展を支えると信じています。

今後とも、名古屋パワエレ塾をどうかよろしくお願い申し上げます。


※参加者の皆様で、配布資料が足りなかった方が居られたかと思います。
※メールにて送付致しますので、お気軽にご連絡下さいませ。


・・・・・・・・
※ パワー半導体のモジュールとそのの応用、もしくはパワエレ全般、シミュレータモデル構築、シミュレーション自体の構築等に御興味を持って、本研究室の国プロ関係等の研究員に御興味があられる方は、是非、ご連絡下さいませ。
本研究室は今後、航空機の電動化に関して日本産業界を牽引して参ります。
一緒に空、飛びましょう!(笑)

m.yamamoto@imass.nagoya-u.ac.jp

また、ベンチャー立ち上げの支援や指導、社会人ドクター等も募集しております。
ご興味がおありでしたら、お気軽にご連絡下さいませ。


【講演・出版物のご紹介】
    ■出版物

  1. 「自動車用48V電源システム 欧州勢の思惑と日本企業が目指すべき技術開発の方向性」、サイエンス&テクノロジー
    アマゾンサイトはこちら
    書籍紹介ページはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2016/07/48v.html

    48V電源システムに関する現状の市場動向と技術動向を融合させて、欧州の戦略を読み取り、次世代に要求される技術を掲示する、日本初の書籍です。

  2. 「パワーエレクトロニクス回路における小型・高効率設計法 ~昇圧チョッパから結合インダクタの設計まで~ (設計技術シリーズ)」、科学情報出版
    アマゾンサイトはこちら
    紹介ページ<http://masayamamoto.blogspot.jp/2014/11/blog-post_12.html

    ※好評で売れているみたいですので(電気工学部門でランキングが4位でした!感謝です!)、アマゾンの在庫が無くなった場合、このサイトからも購入可能です<http://www.it-book.co.jp/books/017.html
    ※何度かアマゾンでは売り切れていたそうで、申し訳ございません。

    ■講演予定

  1. 10月25日:「~日欧自動車メーカー、Tier1各社の動きから読み解く ~車載パワーデバイスの開発状況と技術動向予測」、技術情報協会様主催
    ※48V電源システム車を含めたハイブリッド車用パワー半導体の技術動向を紹介して参ります。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/10/blog-post_7.html

  2. 10月27日:「次世代パワー半導体とその応用の最新技術と解析技術の最前線」、キーサイト・テクノロジー様主催
    ※最新の計測技術についても紹介していきます。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/10/keysight-design-forum-2017.html

  3. 10月31日:「車載用バッテリー充電器の最新技術動向と次世代パワー半導体(SiC/GaN)の適用可能性」、トリケップス様主催
    ※話題となっているプラグイン・ハイブリッド車のコア技術であるバッテリー充電器の仕組みと技術動向を紹介します。
    紹介ページ<http://nagoyapelab.blogspot.jp/2017/09/1031.html


パワエレ研に是非、応援のクリックを!
    ↓